袴で可愛さがアップ

最近、袴スタイルが密かに

ブームが来てるみたいですね。

なんたって可愛いですから...

これからの時期、

行楽のシーズンもやってきますし

楽しくお出かけする

必須アイテムのひとつとして

オススメしますよ。

 

和装なのに動きやすい😁

そもそもの袴の由来は、

古墳時代から和装の下衣として、

着られていたという長い歴史のあります。

女子の袴は奈良時代には礼服として、

平安時代には晴れ装束として宮中で

用いられてい ました。

室町時代には袴を着けない小袖帯姿が

一般的になりましたが、

宮中や殿中では儀式の際や火事装束として

袴を用いる習慣が大切に守られていたそうで

す。

現代では袴姿といえば卒業式の

定番スタイルですね。

もともと明治~大正時代に女学校の教員に

着用されていたのが、

次第に女学生たちの制服のようになったと

言われています。

そして今では、

卒業式という学校生活のフィナーレに

なくてはならない装いとして愛されていま

す。

せっかくの袴です。

写真も美しく撮れたらいいですよね。

そこで、綺麗に撮れるポイントを

教えちゃいます。

 

 

☑️  体の正面ではなく左側をカメラの正面に向けます。

☑️  上半身だけ、ひねって正面を向き、首を右に傾げるようなポーズにすると美しく映ります。

☑️  両袖を拡げ片足を少し内側に曲げたポーズをとると、着物の柄もキレイに映り、可愛らしく撮影することができます。

あっ🌟そうそう…

写真もいいけど

当店の2号店には、最新のプリクラ機が

設置されています。

 

 

❤️着物でプリクラ~❤️

可愛いを残せますよ。