浴衣の着崩れどうする?(男子バージョン)

梅雨明けして一転。夏本番です!

毎日、暑い…

 

涼しい場所に避難しないと
熱中症で倒れてしまいます。

夏のお出かけは
なかなかハードルが高く感じますが
涼を求めながら日本の夏を
満喫していただきたいですね。

 

そう、そこは浅草愛和服ですから(笑)
浴衣デートオススメします。

 

 

まずは、今週8/10(土)行われる
隅田川  とうろう流しにお出かけしては
いかがでしょうか?

静かな川面を様々な人の思いが込められた
灯ろうの明かりがゆっくりと流れる美しさは
なんと言っても幻想的光景です。

 

 

とうろうは
当日、会場でお申し込み出来るようです。

 

これぞ、日本の夏。

 

 

浴衣でのお出かけオススメです。

昨年の灯ろう流しに
我等、浅草愛和服の受付ガールズが
灯ろう流し体験してきました。

 

 

さて。。。

 

 

浴衣でお出かけ時の着崩れ対処法は
前回、女子バージョンでしたが
浴衣デートなら男子も知りたいはず。

 

これも前回に引き続き
男子バージョンをご紹介します。

 

浴衣に慣れないと
お出かけの際に気になるのが

✅帯があがってきたらどうしよう?

✅帯が緩んで来たらどうしよう?

✅衿元がはだけてしまったらどうしよう?

 

などの着崩れに関することですね。

 

 

 

対処法その1:帯があがってきたらどうしよう?

帯を下に押し下げます。帯があがってきてウエストの位置に来ると子供のゆかたみたいで見た目に格好悪いので帯に指を入れて「ぐっ」と無理やり押し下げてください。

※イメージはズボンでいう腰ばきです。

 

 

 

対処法その2:帯が緩んで来たらどうしよう?

 

これは、最悪の場合なので

一緒にいる人に手伝ってもらい締め直してもらうか
応急処置では、おしぼりタオルなどの小さめのタオルを
畳んで緩みの分落ちないように挟み込みます。

 

 

 

対処法その3:衿元がはだけてしまったらどうしよう?

上前をめくって左腰あたりにある衿先を
脇腹に巻き込むようにします。
その時、やや上を向くような感じで。
次に右手を使って右の腰骨あたりにある衿先を内側に下げます。

 

 

これで、着崩れることも怖くない(笑)
楽しくお出かけしてくださいね。

 

 


着物レンタル・浴衣レンタルのご予約はこちらから

➡️ http://aiwafuku.com/reservation/