帯を結ぶおまじない

着物と言う素晴らしい衣装を
更に美しくするアイテムがあります。

それは、何かと言うと。。。

帯なのです!!!


またまた〜今更ね。

当たり前の事を言ってるって思います?
意外と知らないのが
帯の源流についてです。

ほら...(笑)
知りたくなってきましたよね。

さて。。。

帯は昔、古くは『オビ』と読まないで
『タラシ』と読んだそうです。
その当時の帯は現在の帯のようでなく
紐で、それを結び垂らした訳です。

『 結ぶ』とか『垂らす』は
当時の社会にあって
特別な意味を持ってたようです。

 

今日、帯といえば
着物がはだけないようにする目的と
装飾的効果なんですが
本来のあり方は深い...

腰のあたりに巻いた紐は
恋愛の象徴として感じ取られた時代がありました。

それを交換して互いに結び合う風習や
また、体を浄化する意味もあり
その紐を結んで垂らすことで
悪霊を寄せ付けない為のおまじないでした。

迷信に過ぎないと言ってしまえば
余りにもつまらないでしょ?

追憶のロマンとしておきましょう。


現在でも長い帯を巻いて結ぶのは
そう言った意味を保有しているのかも。

どうですか?
帯ひとつのことではあるけど

結びの思想は
『魂結び(たまむすび)』
古くは『産霊(むすび)』

言葉からしても結ぶ行為は
特別なものに思えてきませんか?

 

 

改めて着物には帯が大事であると感じます。
ただ華やかだけではないのです。

愛和服の着付け師が結ぶ帯は
お客様がより綺麗に素敵になるように
おまじないをかけてるのかも...よ(笑)