浴衣を楽しむ為にはどうする?

そろそろ夏も終盤に近づいて来ましたね。
でも外はまだまだ暑〜い。

浴衣を着てお出かけするのも
駆け込みでまだ間に合いますから…
夏だからこその有意義な時間を
是非、浴衣を着て楽しい時間作りをしましょう。

夏の思い出のお手伝いは
浅草愛和服にお任せ下さい。

改めて。。。
浴衣について触れてみましょう。

浴衣は日本の夏のお洒落着です。
女性も男性もいつもとは違う魅力を出せる
好機だと言えるかもしれません。


浴衣に興味はあるけど…
いつか浴衣を着てみたいんだけど…
良く知らないから…
着物の仲間だから難しいんじゃないの?

。。。なんてね💦

 

 

不安や着物は難しいものと考えてしまう方も
まだまだいらっしゃるんですよね。

ごめんなさい(笑)

洋服に置き換えてみてください。
Tシャツとジーパンの組み合わせと
同じ感覚だったりします。

だから、着る機会をつくって
楽しんでいただきたいと思います。

そんな訳で。。。

 

浴衣を楽しむ為にはどうしたらいいでしょうか?

 

以前、こちらのブログで
浴衣の起源や由来など書かせていただきましたが
簡単にまとめると…

⭕️ 昔はお風呂上がりに素肌に着用するバスローブの役割でした。
⭕️ そもそも夕涼みの為の部屋着で外出用ではありませんでした。
⭕️ 現代ではファッションとして外出着として着られています。

さて。。。

この先、浴衣をお召しになられる方に
知っていた方が良い事柄を
いくつかお話して行きますね。

 


まず、浴衣を着るには
浴衣と帯だけでは着れません!

基本的に必要な小物があります。

♦️浴衣下(下着)
♦️補正用タオル
♦️腰紐 2本
♦️メッシュ前板
♦️メッシュマジックベルト(伊達締め)
♦️コーリンベルト

これだけ揃ってれば完璧です。

あと、忘れそうなものが下駄ですね。

 


上記の事柄はご自分で着られるときに
必要な物だと認識していてくださいね。


どなたかに着せて貰えるとか
どこかの会場で着付けて貰えるとか…
お持込でのときに困ることもありますからね。

どこの着付け師さんでも
綺麗に着せてくださるとは思いますが
紐1本あれば着れると聞いたと
言ってくる方も過去にはいらっしゃったようです。
確かにこれは着付け師の技ありきですから
鵜呑みにしないでくださいね。
基本、腰紐は最低でも2本必要です。

因みに(笑)
紐を用意してくださいと言われて
荷物をくくる紐をお持ちいただいた方も
いたと聞いています。
結べない訳ではありませんが
浴衣を着るご本人さんが痛いと思います。
なので紐って言われたら腰紐です。


そして、疑問視される方が多いのは
浴衣の下に巻くタオルです。

これは何故?巻くのか分からない。

その理由は。。。

① 浴衣は平面の衣装なので、
そのまま着るとシワになるなど、また着崩れの防止の為

② ウエストに巻くタオルは
上半身の汗を吸収する役目もあり顔汗が出にくくします。

なるほどね…
ちゃんと理由があるんです。

 


如何でしたか?
これで浴衣デビュー出来ますよ。

 

 

もちろん!
浅草愛和服ならプロのヘアさんに
プロの着付け師さんが
あなたを素敵に変身させてくれます。

これも浴衣を着るキッカケとなるはずです。

 


ご来店お待ちしております。


着物レンタル・浴衣レンタルのご予約はこちらから
➡️ http://aiwafuku.com/reservation/